旅行業務取扱管理者・資格取得のための通信講座|スクールガイド

旅行業務取扱管理者の主な仕事について

旅行業務取扱管理者の本来の役目は、
旅行業法に基づく下記の業務の管理及び監督業務です。


・旅行に関する計画の作成

・旅行業務の取扱い料金の掲示

・旅行業約款の掲示及び備置き

・取引条件の説明

・契約書面の交付

・企画旅行の広告

・運送等サービスの確実な提供等企画旅行の円滑な実施

・旅行に関する苦情の処理

・契約などの重要な事項についての明確な記録又は関係書類の保管


まず、旅行に行く人が考えることは、予算を試算し、
いつ・どこに行くか計画を立てることから始めると思います。

そして、旅行会社の担当者には、
お客様を引き付けるような旅行のプランを考えたり、
パッケージ旅行の広告を出したり、
料金を提示して説明をしたり、
実際に契約するときに取引条件を説明したり、
プランが円滑に実施されるように確実に航空券やホテルを手配したり、
苦情があった場合にはきちんと処理をしたりと、
旅行に関する多岐に渡る仕事が存在します。


旅行業務取扱管理者は、それらを確実に履行・実行しそして管理・監督する、
言わば"旅行に関するプロフェッショナル"です。


ユーキャンの通信講座はコチラ
資格

旅行業務取扱管理者の資格@通信講座|スクール情報メニュー